沖縄のうつわ
ホーム琉球ガラスとは・・・

沖縄ガラスは明治時代に九州や大阪の職人たちによってその技術を伝えられ、薬瓶、菓子瓶などの生活必需品が作られていました。 戦後には廃墟と化しましたが、戦後の経済復興期に米軍基地内から大量に廃棄されるコーラ、ジュース、ウイスキー等の空き瓶を利用して再び作られるようになりました。 現代では廃瓶を利用せずに作るものもありますが、当店の商品は沖縄で出た泡盛などの瓶を使用して今もガラスを作り続けている職人の製品を扱っています。

ガラスは約1400度にまで熱せられ、職人の手よって一つ一つ命を吹き込まれていきます。主に作られる手竿の先に巻きつけられ手前から息を吹きかけ形作っていく「宙吹き」の手法と、型の中に直接吹き込む「型吹き」の手法によって作られていきます。 工房にお邪魔すると高温に燃える釜の前で、汗をかきながら生き物のように動くガラスを手早く形成される様はまさに職人の技を感じます。

職人の手によって作られているため、一点ずつ風合いや、形、色などが異なりますが、それがまた独特で素朴な風合いと世界に一つしかないという希少価値を高めてくれます。 又、自然に出来るヒビ、気泡などもそのまま生かしたガラスなども琉球グラスの特徴といえます。

清天工房 清天工房,琉球ガラス

この透明な空き瓶達から作品が生まれます、、、

ガラス原料